2013年04月11日

趣味は読書です 1

自分の趣味を肯定するのは当然な方が多いと思いますが、私が人に何か意見やアドバイスを求められた時には「本を読みなさい」と言わせてもらいます。

音楽で感じ、想う事が人それぞれ違うように読書もまた同じで素晴らしいと考えています。

火天の城.jpg

本 火天の城

私のど真ん中である歴史、小説、建築を書かれた本です。

戦国時代、織田信長さんに仕える大工さんから見た視点で、安土城の築城までが主な内容です。

なぜあの場所に築城するのか、築城方法、意匠から信長さんの思想、美的感覚が理解でき教科書には無い新鮮な歴史が勉強出来ました。

そして建築に関しては何より自然の木に対しての尊敬です。

築城までに必要なのは木、素材と真剣に向き合う事、設計の知識、生かす知恵、培われた技術、人をまとめる器量です。
これは現代の建築でも木や鉄骨、コンクリートでも同じです。
建築を工業製品だけで造るのではなく、必要なモノを身につけ設計を手造りでする事です。
様々な事を考えられ、学ぶ事ができた本でした。


posted by ktnk at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。